【ながら運転注意】おすすめ5選 ワイヤレスイヤホン 

道路交通法

12月1日にながら運転厳罰化になりました。

ハンズフリー通話は走行中話しているだけでは違反とはなりませんが、携帯電話、スマホを操作してしまうと違反になります。また両耳がふさがっていると別の道路交通違反になるので、イヤホン使用時は片耳にする必要です。

ハンズフリーイヤホンの紹介をしていきます。

QCY T1

初めてワイヤレスイヤホンを買う方にオススメ

価格 ¥3,980

・ワイヤレスイヤホンの中では価格が安く
・電話だけではなく、音楽再生・動画再生に使用する場合に便利
・見た目がスタイリッシュで防水なのでランニングなどする場合に便利

ケースから取り出すだけで自動にペアリングされ、高音質、耳調節ラバーが付属されているのでランニングでも落ちません。ボタンを押すだけで通話ができます。20時間の連続駆動(両耳連続再生4時間)充電ケース5回フル充電が可能です。

 

Airpods Pro(第3世代)

iPhoneを使用している方にオススメ

価格 ¥33,658円

・ 見た目がカッコいい
・ノイズキャンセリング搭載(外の音が聞こえないようにする機能)
・ Siriが使えるので「Hey Siri」と話しかければ電話、音楽再生などの操作

アップル純正のワイヤレスイヤホンでAirpods Pro(第3世代)です。第3世代が発売され、形が変わり、ノイズキャンセリング搭載(外の音が聞こえないようにする機能)、防水機能(少しの雨なら耐えられる程度)機能が増えました。 一回の充電で最大5時間の再生(最大3時間の連続通話)ができます。 価格は高額だがブランド力があり、かっこいいです。

Airpods(第2世代)

iPhoneを使用している方にオススメ

・ 見た目がカッコいい
・ Airpods Pro(第3世代) より価格が安い
・ Siriが使えるので「Hey Siri」と話しかければ電話、音楽再生などの操作

アップル純正のワイヤレスイヤホンでAirpods(第2世代)です。第3世代が発売され、第2世代は価格が安くなりました。iPhoneとの相性がとてもよく、Siriが使えるので「Hey Siri」と話しかければ電話、音楽再生などの操作ができる。一回の充電で最大5時間の再生(最大3時間の連続通話)ができます。高音質で、アップル製品なのでブランド力があり、かっこいいです。

WF-1000VM3

高音質にこだわる人にオススメ

価格 ¥33,000

業界最高クラスのノイズキャンセリング性能
どんな環境でも快適な通話が可能
快適なつけ心地

SONY(ソニー)のワイヤレスイヤホンです。高音質、ノイズキャンセリング性能が業界最高クラスです。本体のみで8時間、付属のケースで2回充電して合計24時間の音楽再生可能。とても高機能なワイヤレスイヤホンです。価格は33000円ぐらいで高額だが機能は抜群だ。

UNIZON

価格を抑えたい方のオススメ

価格 ¥1,480

・価格が安い
・見た目がカッコいい
・ 再生時間が約3時間(※音量や使用環境により異なります。)

安いワイヤレスイヤホンです。価格は622円とほんとに安いです。 連続通話時間は約3時間で、ワイヤレスイヤホンを試しに買ってみたいい人にはお勧めです。電話が来たわボタンを押せば電話に出れます。

 

ながら運転が厳罰化されました。携帯電話・スマホ使用等は本当に危険な行為です。なるべく運転中は使用しない方がいいですが、仕事上で電話が必要な場合もたくさんあると思うので、ハンズフリーイヤホンを使用しましょう。多くの種類があり、金額も様々です。自分に合うハンズフリーイヤホンを購入しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました