トラック運転手 腰痛予防

ブログ

トラック運転手には腰痛がつきものです。運転手で腰痛で悩んでいる方はたくさんいます。腰痛に悩んでる方が多いのは、長時間座っているからで、トラック運転手の職業病といえます。

腰痛の原因は?

長時間の同じ姿勢でいること

運転手は長時間運転するので、長時間座った状態になってしまいます。長時間座っていると腰回りの筋肉の動きが少なくなり筋肉が硬くなったり、筋力が減って腰痛の原因となります。

長時間の座り続けること

座っている状態は、立っている状態より腰に負担をかけていることになります。経っている状態より、座っている状態の方が1.4倍腰に負担がかかっているので、長時間座り続けることは腰痛の原因となります。

腰痛を放っておくと

腰痛をそのままにしておいても、症状がよくなることはあまりなりません。痛みが強くなる場合などは、神経や関節まで状態が悪くなっている場合があり、歩くことができなくなったり、手術をしなければ治らなくなってしまいます。

病院に行った方がいい症状とは?

・常に腰が痛む
・尻、脚などに強い痛み
・腰、尻、脚などにしびれる

上記の症状がある場合は、早急に病院に来ましょう。神経や関節の炎症が起こっている場合があるので、整形外科で診てもらいましょう。

腰痛を予防するには?

運転姿勢を気をつける

悪い姿勢で運転をしていると腰に負担をかけてしまうので、腰に負担をかけない姿勢を意識しましょう。

背筋を伸ばし運転

背中を丸めて運転していると腰痛の原因になってしまうので、意識をして背筋を伸ばすようにしましょう。

椅子に深く座る

椅子に浅く座ってしまうと安定性がなくなってしまうので、椅子に深く座り安定性を上げて猫背になてしまうことを防ぎましょう。

姿勢を意識することが大事です。またクッションなどを使用し腰痛を予防しましょう。

シートを位置を意識する

腰痛予防になるシートの位置、角度

・シートに深く腰をかけて、アクセル、ブレーキペダルにひざが伸びすぎない位置
・シートの角度は背筋をまっすぐに伸ばした状態

休憩時、歩くか、ベットで横になる

休憩時は、外に出て歩いて少し体を動かすか、ベットで横になり、腰を休ませましょう。ハンドルに足を乗せて休憩するのはやめて、しっかり休憩しましょう。

【トラック運行時間】拘束、労働、休息の定義とは?

適度な運動する

普段から適度な運動することが、腰痛の予防になります。ウォーキングなどをして、腹筋、背筋を鍛えることにより、筋力がつき腰の負担を減らすことができます。

まとめ

トラック運転手にとって腰痛は職業病です。誰もが腰痛に悩まされています。いま腰痛がある人は、ひどくなる前に病院に行き、常日頃から腰痛予防しましょう。腰は、体の中心なので痛めてしまうと、日常生活にも影響が出てしまいますし、最悪の場合には、動けなくなってしまい、仕事ができなくなってしまいます。腰痛にならないように、姿勢や私生活を意識することで、腰痛になる確率は下がるので、意識しましょう。今現在は腰痛がない方も、腰痛予防を意識し、腰痛にならないようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました