居眠り運転解消

ブログ

運転手をしていると1度は、「強い眠気に襲われた経験」をしたことがあると思います。居眠り運転は重大な事故や命の危険にさらされるます。運転手の自覚をもち、普段の生活から気を付けましょう。

居眠り運転で事故を起こしてしまった場合

居眠り運転で事故を起こした場合、状況によって異なりますが、道路交通法上は2つに分けられます。

・安全運転義務違反
・過労運転

安全運転義務違反

・ハンドル操作等の操作を誤った
・相手への注意や状況判断が十分でないこと

上記の原因で事故を起こした場合

過労運転

・過労
・病気
・薬物の服用

などで正常に運転できない状態で事故を起こした場合

居眠り運転での事故は、重大な事故になっていしまいます。自分だけではなく、関係ない人まで巻き込んでしまう事故を起こしてしまいます。居眠り運転をしないように対策をしましょう。

居眠り運転対策

仮眠

眠たいときは、車を停車させて仮眠をとりましょう。
仮眠の時間は10~15分程度がいいです。30分以上仮眠をとってしまうと、寝ぼけた状態になってしますので気を付けましょう

適度な休憩

2時間に1回くらいは休息しましょう。
長時間の運転は眠気がきます。適度に休憩をとりましょう。

体を動かす

車を止めて、少し体を動かすことも効果的です。
・ストレッチ
・少し歩く
などパーキングエリアなどでもできることを行いましょう。

眠くなりにくい生活

夜しっかり睡眠をとり眠くなりにくい生活を送りましょう。

居眠り運転対策グッズ

居眠り運転対策グッズを使用して、居眠り起こしそうなときの対策をする。

話す・歌う

歌を歌ったり、同乗者がいる場合、話をしたりすることで眠くなるときもあります。

カフェイン

コーヒー・エナジードリンクなどカフェインが入ったものをとりましょう。
カフェインを摂取すると、頭がさえ、眠気が覚める効果があります。

・コーヒー
・エナジードリンク
・紅茶
・お茶
・チョコレート
などにカフェインが含まれています。

ガムなど噛む

ガムなどを噛み口を動かすことで眠気をなくします。

目薬

眠たいときに目薬をさしましょう。
一時的なことですが、効果があります。

まとめ

運転手の方なら、1度は必ず眠気に襲われたことがあると思いますが、居眠り運転は、重大な事故につながり最悪の場合は命を落としてしまう場合もあります。「自分は大丈夫」と思っている方でも、普段からの体調管理や対策をしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました