運転手が欠かせない7つのアイテム

ブログ

トラック運転手は、長時間労働をします。トラックの中で長時間過ごすので、トラックは部屋みたいなものです。運転時間、待機時間、泊まることなど、トラックで過ごす時間も様々です。長い時間だからこそ快適な環境づくりをしていきましょう。

運転中の必需品

Bluetoothイヤホン

運転中は電話することができないので、Bluetoothイヤホンが必要になります。トラックで走行していると、停車して電話することも困難です。ながら運転の違反点数は3点と、とても厳しいのでながら運転は絶対にやめましょう。

Bluetoothイヤホンのメリット

・運転中に通話
・電話に気づく
・音楽再生

運転手は、会社からの電話、お客さんからの電話など電話することが多いので、運転中に電話できないとこまります。電話に気づかないと困りますが、ワイヤレスイヤホンをしていれば電話に確実に気づけます。また音楽や動画再生にも使用できるので用途は沢山あります。

タブレット

タブレットは情報収集や待機時間など、暇潰しなど用途は様々です。スマホより画面が大きく地図、動画を見やすいです。

タブレットのメリット

・カーナビ使用
・事故などの情報収集
・読書・動画を見れる

スマホとできることは一緒ですが、スマホだと画面が小さくカーナビにしても見にくいが、タブレットなら普通のカーナビより画面が大きく、更新もされるのでダブレットでカーナビはおすすめです。また事故情報の収集もでき、読書・動画なども見れて、運転手にとって必需品です。

充電器

長時間トラックの乗るのでスマホ・タブレットの電池がなくなります。充電器があれば、電池の心配をすることはありません。

充電器メリット

・カーナビなど長時間の使用可能

スマホ、タブレットの電池を気にせずに使用できます。また運転手は渋滞などで予期せぬ事態が発生してトラックに何時間も乗っていなければならない時があるので充電できるので安心です。

水筒

長時間運転するので、水分補給が必要になります。

水筒のメリット

・ゴミが出ない
・保温できる
・節約になる

ペットボトルを毎日買うとお金がかかり、ペットボトルを捨てる場所を探したりしなければなりません。水筒なら保温ができてるので、冷たい飲みもの、温かい飲み物が飲めます。

腰痛クッション

運転手の腰痛は職業病です。運転手は長時間座っているので腰痛になりやすいです。

腰痛クッションメリット

・運転しやすくなる
・腰痛予防

腰痛クッションを使用することにより、姿勢がよくなり腰の負担が減り、運転しやすく、腰痛の予防になります。腰痛がない方でも運転手をやっていたらいつ腰痛になってもおかしくないので、腰痛予防をしておきましょう。

睡眠の必需品

電気毛布

トラックで寝ることがあると思いますが、冬場は電気毛布があると寝るのがとても快適になります。運転手の方は、睡眠時間をうまく作らなくてはなりません。電気毛布があれば、すぐに温かい環境で寝れます。

電気毛布のメリット

・温かい
・薄いので場所を取らない
・ひざ掛けとしても使える

トラックで寝ることが多い方は、電気毛布があると快適です。

遮光カーテン

運転手は長時間働くので、昼間睡眠をとることが必要になります。遮光カーテンがあると、睡眠の質が上がります。

遮光カーテンメリット

・日差しを防ぐ
・人目を防ぐ

遮光カーテンがあることにより、日差しを遮断して、昼間でも暗くして寝ることができます。また駐車場などで休憩することが多いので、カーテンがあることで人目も防ぐことができます。

まとめ

運転手にとって車内は部屋みたいなものです。運転中、休息中をより過ごしやすい環境づくりをしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました