運転手を集めよう!

経営戦略・分析

最近では、運転手の高齢化や運転手のなり手が減っていて、運転手を雇入れが難しくなっています。今回は運転手を集める方法を紹介していきます。

運転手を集める方法

Indeed(インディード)求人掲載

Indeed(インディード)で求人掲載しましょう。ハロワークなど色々などありますが、求人を探している人はスマホなどから検索することが多いので、日本最大級のサイトのインディードを使用します。

・掲載は無料
・地方の中小企業におすすめ
・掲載は無料
登録すると担当がつき使用方法などを教えてもらえます。費用をかければサイトの上の方に表示されたりします。うまく使用しましょう。

・地方の中小企業におすすめ
地方だと掲載している会社があまり多くないので、求職者に見つけられやすくなります。
インディード(Indeed)
インディードとは最近ではCMなどで聞き覚えのある方が多いと思いますがIndeedは「求人情報に特化した検索エンジン」で、求人サイトのようなサービスとは少し違います。Web上にある求人サイト、ハローワーク、企業の採用ホームペ...

SNS・ホームページ制作

SNS・ホームページ制作を作成し、自社の仕事内容を伝えましょう。多くの種類の仕事がある業種です。宅配、引越、中距離、長距離など、さまざまな運転の仕事があり、運ぶ物の種類も多くあります。SNS・ホームページ制作を作成しておけば、仕事内容を伝えることができます。

SNS・ホームページで仕事内容を発信
発信することにより、自社の仕事内容を理解してもらうことが大事です。仕事内容を理解した人、仕事をしたい人、経験者などの求職者から連絡がきます。また仕事内容を理解し、雇い入れた方が辞める確率が低くなります。

給与の見直し

運送業界は、昔から運賃が変わっていなく、運転手の給与も変わっていません。しかし、低い給与では、運転手を雇い入れるのは難しいです。人手不足の業界なので、他の会社より少しでも給与を高くできるようにしましょう。

固定給を上げることが難しい場合は、ボーナスを上げ、会社の業績で変更できるように対応したりしましょう。

福利厚生の見直し

福利厚生をよくすることで、働きやすい環境になり、運転手が集まり、運転手がやめない会社になっていきます。

・手当の支給
・有給の取りやすい環境
・免許費用の負担
手当の支給
通勤手当・住宅手当・家族手当など従業員の負担を減らし働きやすくしましょう。
有給の取りやすい環境
運送会社は、長年事業を行なっている会社が多いため、会社の考え方が古く有給など取りにくい環境が多いのが現実です。有給を使いやすい環境づくりをおこなっていき、働きやすい環境づくりをしていきましょう。
免許費用の負担
仕事で使用する免許の費用の一部負担することでスキルアップできる会社づくりをしていきましょう。

作業服を変更

若い人はカッコいい作業服をきて仕事をしたいと思っています。最近では、作業服もカッコ良くなってきて種類もたくさんあります。作業服を変えて会社の雰囲気を変えて若い人が働きたくなるような環境を作りましょう。

【作業服】おしゃれな作業服5選

乗りたくなるトラック

乗りたくなるトラックを用意することです。乗りたくなるトラックといっても人それぞれ違いはあると思いますが、新車が多かったり、アルミホイルをはいていたり、かっこいいトラックを使用すれば、若い人が働きたくなる環境を作りましょう。

若い人が多い会社

運送会社はなかなか若手が少なく会社に若い人がいない場合もあります。若い人が多い会社には若い人が入ってきます。若い人を雇い入れるのは難しいですが、積極的に雇い入れ、働きやすい環境を作っていきましょう。

まとめ

運転手を集めるためには、インディード、SNS、ホームページを有効に活用し、自社をアピールしていかなければなりません。休みをとりやすい、スキルアップができるなど働きやす環境づくりをしていくことが、運転手を集めることにつながり、長く勤めてもらえることにつながります。若い運転手を集めたいなら、若い人が働きたくなる会社作りが必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました