【ながら運転厳罰化】スマホ・携帯電話しながら運転の罰則が厳しくなりました

貨物運送事業法関係

ながら運転とは?

ながら運転とは・・・ 自動車を運転中にスマホを操作したりカーナビの画面を注視したり、携帯電話で通話しながら車を運転することです。

ながら運転での交通事故が年々増加しています。それに伴い、2019年12月1日から道路交通法が改正され罰則が強化されました。

ながら運転の罰則は?

罰則は2段階

1.携帯電話、スマホ使用等保持の場合

2.携帯電話、スマホ使用等交通事故を起こした場合

・携帯電話・スマホ使用している場合
・携帯電話・スマホ使用して事故を起こしてしまった場合
と2種類あり
罰則、違反点数、反則金が変わってきます。

罰則、違反点数、反則金はどう変わったのか?

罰則

携帯電話・スマホ使用等の保持の場合

6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰則になります。

携帯電話・スマホ使用等で交通事故を起こした場合

1年以下の懲役または30万円以下の罰則になります。

違反点数は?

携帯電話・スマホ使用等の保持の場合

3点

携帯電話・スマホ使用等で交通事故を起こした場合

6点が加算され30日間の免許停止
一回の違反で免許停止30日間となってしまうので気を付けましょう。

反則金は?

携帯電話・スマホ使用等の保持の場合

3倍近く金額が上がり大型では25,000円も反則金を払わなければなりません。

携帯電話・スマホ使用等で交通事故を起こした場合

反則金の対象外になりすべて罰金となります。

反則金とは?

反則金を払えば刑事罰にあたらないため前科も残りませんが、罰金になると刑事罰になり裁判において懲役刑・罰金刑のどちらかが確定され、罰金刑の場合、罰金の納付命令を受けます。

どうすれば、ながら運転にならないか?

どうしても携帯電話・スマホを使用したいときは
・車を脇に寄せ停車させてから使用する
・同乗者に操作してもらう
・ハンズフリー通話の使用

車を脇に寄せ停車させてから使用する

車を停車させてから使用すれば、ながら運転にはなりません。安全な場所を探し停車してから携帯電話・スマホを使用しましょう。

同乗者に操作してもらう

同乗者がいる場合は、同乗者に電話対応、カーナビなどを操作してもらいましょう。

ハンズフリー通話の使用

ハンズフリー通話は走行中話しているだけでは違反とはなりませんが、携帯電話、スマホを操作してしまうと違反になります。また両耳がふさがっていると別の道路交通違反になるので、イヤホン使用時は片耳にする必要です。

カーナビはどうなるか?

カーナビも走行中に注視する、操作することは違反です。カーナビも操作するなら、車を脇に寄せ停車させてから使用してください。

まとめ

罰則が強化され、ながら運転の罰則がとても厳しくなります。今までは、軽い罰則でしたが、罰則、違反点数、反則金、道路交通法が変わり違反の点数が3倍になりました。携帯電話・スマホ使用等の場合3点で2回違反すると免停になってしまい、携帯電話・スマホ使用等で事故を起こした場合6点で一回で免停になってなってしまうので気をつけてください。

コメント

  1. […] 11月に「ながら運転」の記事を書きバズってPVが伸びましたが、その後はすぐに元のPVに戻りました。 […]

タイトルとURLをコピーしました