運転手の仕事はどんな仕事があるか?

車両

運転手とは

自動車などを運転することを職業としている人のことです。

運転手の仕事には大きく分けて

  • トラック運転手
  • バス運転手
  • タクシー運転手

などあります。

トラック運転手

必要資格

大型自動車免許・中型自動車免許・普通自動車免許・けん引免許等

仕事内容によって必要な免許は変わっていきます。

会社によっては、軽トラックなど仕事を行っているところもあるので、普通自動車免許でも運転手ができる仕事もあります。

仕事内容

基本的に荷物の積込を行い、目的地まで荷物を運び、荷下ろしを行う仕事です。

トラックの種類も運搬するもの様々で、軽トラック、2t車、4t車、10t車、トレーラなど、運搬するものも、食品、日用品、建設資材、車、車部品、紙、機械など、会社によって乗るトラック、運搬するものは全然違います。

仕事の種類

配達員    郵便物や配送物を指定された場所に配達

定期便    一定の決まった場所の間で定期的に輸送

地場運転手   近場や地元を対象エリアとして行われる輸送

中距離運転手  往復で1日で帰ってこれる範囲内の輸送

長距離運転手  往復で1日で帰ってこれない範囲の輸送

勤務時間

仕事の種類、会社によって様々ですが、拘束時間は基本は1日13時間と決められています(例外もあります)

中距離、長距離運転手は、残業が多かったりや泊りこみがあることがあります。

配達員・地場運転手は8:00~17:00の勤務で残業の少ない会社もあります。

定期便は一定の場所に一定の時間でいくので決められた時間のことが多いです。

バスの運転手

必要資格

大型二種自動車免許

仕事内容

バス運転手は、バスに人を乗せて目的地へと運ぶ仕事です。

仕事も様々で街のバス停を経由していろいろな乗客を乗せたり、1日に貸し切りで観光ルートを回ったり、仕事によって違いがあります。

仕事の種類

路線バス 街を移動するバス。ルートのバス停ごとに停車し、乗客を乗り降りさせます。

観光バス 観光地を移動するバス。決められた観光ルートを回ります。

高速バス 高速道路を移動するバス。 高速道路のバス停に停車し、乗客を乗り降りさせます。

送迎バス 利用客の程度限られた範囲を移動するバス。 学生・幼稚園児・従業員・旅客・観光客、ショッピングモールの送迎

勤務時間

路線バス  始発~午前、日中、午後~終車など3交代制が多いです。

観光バス  日によって運行ルートや勤務時間が変わることが多いです。

高速バス  昼、夜の運行あり、長距離を走るので泊まり仕事になることもあります。

送迎バス 運転するのは朝夕が多いです。

タクシー運転手

必要資格

第二種運転免許

仕事内容

タクシーに乗ったお客様を目的地まで送り届ける仕事です。

お客さんを探さがし、お客さんが乗車したら、目的地を聞き、なるべく近いルートで送り届けなければなりません。

仕事の種類

担当の地域内を走行して、タクシーを必要とする人を見つける

ターミナル駅や病院など、ある程度お客が見込めるタクシー乗り場で待つ。

タクシー会社から連絡を受けてタクシーを待っている乗客の元へ走るものとなります。

勤務時間

隔日勤務  1勤務あたりの乗車時間は19~21時間ほど(3時間の休憩を含む)で 翌日は休みでをとります。

昼勤務   一般的に8時~19時の勤務が多いです。

夜勤務   一般的に20時~翌7時の勤務が多いです。

高収入稼げるタクシー求人は【タクQ】 無料転職支援サービス

まとめ

運転手もトラック、バス、タクシーと様々あり、仕事の内容は全然違います。同じ仕事でも会社によって全く仕事の内容が違います。トラックの仕事では荷物を積み込み、荷下ろしがあります。バス、タクシーは、乗客を乗せるサービス業です。自分に合った運転手の仕事を探しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました