【トラック運行時間】拘束、労働、休息の定義とは?

貨物運送事業法関係

トラック運転手は、長時間労働が多いですが、労働時間、運行時間、休息期間など決まりがあります。

拘束時間・労働時間・休息期間の違い

【拘束時間】 

始業から終業までの時間で、労働時間、休憩時間の合計時間です。

【労働時間】

作業時間、手待ち時間などで、時間外労働時間、休日労働時間も含まれます。

【休息時間】 

終業から始業までの時間。

拘束時間

拘束時間とは、始業から終業までの時間で、労働時間と休憩時間を合わせた時間です。

【1日の拘束時間】

     原則 13時間まで

     例外 最大拘束時間は16時間まで延長可能だが、1日の拘束時間が15時間を超える日は、1週間で2回以内。

月曜日の拘束時間が16時間となり、火曜日も拘束時間が16時間となります。15時間を超える日は一週間で2回、この週は残りは15時間以内の拘束時間になります。

15時間を超える日は一週間で2回までなので、この週は残りは15時間以内の拘束時間になります。

月曜日、火曜日の拘束時間が15時間を超えるので、水、木、金曜日は15時間以内の拘束時間にしなければならない。

 

【1ヶ月の拘束時間】 

      原則 293時間まで

    例外 労使協定があるとき、1年間の拘束時間が3516時間を超えない範囲内で、1年のうち6ヶ月までは、1か月320時間まで延長できる。

(293時間~320時間が6回 293時間以内が6回 1年の合計が3516時間を超えないこと)

休息時間

休息時間とは、終業から始業までの時間です。拘束時間以外の時間です。

  原則 勤務終了後、連続8時間以上

       特例 分割休息の回数が一定期間(2週間から4週間程度)の全勤務回数の2分の1が限度

         休憩期間の長さが1日1回あたり継続4時間以上、合計10時間以上

交通渋滞、荷主の都合など業務の必要上、連続8時間以上の休息期間を与えることが困難な場合には、一定の要件の下で休息期間を分割して与えることが認められる。

休日

休日は、休息時間に24時間を合した連続した時間をもって「1休日」です。

運転時間

運転時間には規制があります。

1日      2日平均9時間まで

1週間     2週間ごと平均で44時間まで

連続運転時間  4時間まで

        運転時間4時間以内に1回が10分以上で、合計が30分以上の運転しない時間をおく

【1日】 2日平均9時間まで

【1週間】 2週間ごと平均で44時間まで

【連続運転時間】

連続して運転するのは、4時間が限度で、4時間経過したら30分以上休憩が必要です。運転途中で分けて休憩をとることができますが1回10分以上の休憩が必要です。

 会社から運行方法について、いろいろ言われることがあると思いますが、拘束時間、休息時間など決まりがあります。仕事上難しいところもあると思いますが、時間を守り、安全な運行ができるようにしましょう。

コメント

  1. […] トラック運行時間? truckozo.com2020.01.28 […]

タイトルとURLをコピーしました