トラック運転手の年収どれくらい?

運送会社

トラック運転手の年収は?

車両年収月収
トレーラ500~600万円40~50万円
大型車450~550万円35~45万円
普通車、小型車350~450万円27~36万円

トラック運転手と言ってもトレーラ、大型車、小型車、普通車など様々な車があり、給与も免許も変わってきます。

必要免許

車種免許
トレーラ大型自動車免許・けん引免許
大型車大型自動車免許
小型車中型自動車免許
普通車普通自動車免許

トラック運転手には、普通車~トレーラまであり、車両によって必要な運転免許があります。大きいサイズの車両ほど基本的には年収が多くなります。

給与体系

給与体制も大きく分けて3つあります。

  • 基本給+残業代
  • 基本給+歩合
  • 基本給+みなし残業

基本給+残業代

基本給とは・・・一定期間働くことでもらえる金額
残業代とは・・・一定期間以外の時間を働くことです。(時間外手当として25%以上の割増、22時から5時までの労働は深夜手当として25%以上の割増 )

基本給+歩合

歩合とは・・・売り上げに対して何%支払うこと

基本給+みなし残業

みなし残業とは・・・あらかじめ定めておいた時間の残業代を払うこと。

一概にどの給与体制がいいとは言えませんが、運転手の仕事は、待ち時間や渋滞など時間が読めない時があるので、歩合、みなし残業で会社に支払ってもらえないことには気を付けましょう。などで、残業代の給与体系のところは、自分の給与がわかりやすいです。

トラック運転手の仕事は、走る時間で給与が変わってきます。基本的には長い時間を走れば給与は増えます。基本給だけでは、基本的には給与は少ないです。

年齢による給与

トラックの運転手は年齢による給与の変化はあまりありません。

年齢平均月収
20~29歳約35.5万円
30~39歳約38万円
40~49歳約40万円
50~59歳約40万円
60歳~約32万円

20代の運転手は月収が少し安いですが、30代~50代までほぼ同じ月収となっています。60歳以上は、定年などがあり月収が下がっています。50代まではほぼ同じ水準になるので、20代~30代の時は他の職種に比べると、月収は高いです。しかし40代~50代になっても給与の水準は20代~30代と変わらないので他の職種に比べると低くなります。

長距離・中距離・近回り

長距離運転手とは・・・1日で帰ってこれない距離の運行
中距離運転手とは・・・1日で帰ってこれる距離の運行
近回り運転手とは・・・県内などの運行

長距離運転手は、長距離を運行すので、2日~3日の泊まり運行になるので給与は高い
中距離運転手は、1日の運行になるので、長距離運転手ほどは稼げません
近回り運転手は、定時間が多く、あまり稼ぐことはできません

業種別

1.物流会社
2.運送会社
3.引越し会社
4.宅配会社

1.物流会社

物流会社とは・・・荷物を生産者から消費者に渡るまで行う会社で、配送、輸送、保管、包装等を行う会社。

すべての業務を行うので他の業種に比べると比較的給与は高いです。

2.運送会社

運送会社とは・・・物流会社とは違く、トラックを使用して物品の輸送や配送を行う会社

運送だけを行うので物流会社より給与は低い

3.引越し会社

引越し会社とは・・・住宅、事業所の荷物等を、他の場所へ移す作業を行う会社

運送会社より給与は少し低い

4.宅配会社

宅配会社とは・・・家庭に届ける小口の荷物を配達を行う会社

荷物も車も小さいので給与は他に比べると低いです。

物流会社、運送会社は大型車で大型の荷物を運ぶので給与が高く、引越し会社、宅配会社は、乗用車、中型車で小口な荷物なので給与が物流会社、運送会社に比べると少し低いですが、業種が変わっても給与の差はあまりありません。多くの会社があり、会社によっても様々です。

トラック運転手の給与は

トラック運転手の給与は

  • 車両が大きいほど給与が高い
  • 給与体系は、時間外手当のところがいい
  • 年齢による給与の差はさほどない
  • 長距離の運転手は給与が高い
  • 業種による給与の差は少し

基本給は少ないのが運送業界です。稼ぐためにより多く走って稼ぐしかありません。年齢はあまり関係ないので若いうちから稼げますが、長年働いてもあまり給与は上がりません。大型免許、けん引免許を取得し、トレーラに乗ればより稼げるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました